私にご相談ください

司法書士:高田尚紀

司法書士:高田尚紀

プロフィール

出張相談可能な地域

出張相談も受け付けております。
即時出張対応が可能な地域は以下のとおりです。

~ 大阪府 ~

枚方市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・門真市・守口市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町・東大阪市・八尾市・堺市・高石市・松原市・柏原市・富田林市・河内長野市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・大阪市内全域

~ 京都府 ~

八幡市・京田辺市・宇治市・精華町・久御山町・木津川町・大山崎町・長岡京市・向日市・京都市内全域

~ 奈良県 ~

奈良市・生駒市

いまさら『みなし弁済』!?

とある貸金業者に対する過払訴訟のお話です。
この会社はどこかの会社と違い、過払請求訴訟を起こしても無駄な抵抗はせず、すんなりとこちらの希望額を支払ってくれる会社なのですが、今回の訴訟については、答弁書(過払請求訴状に対する反論書)が提出されました。

で、その内容なのですが、「原告・被告間の金銭消費貸借取引には『みなし弁済』が成立する。」と書かれていました。
簡単に説明すると、「みなし弁済」とは利息制限法超過利率での金銭の貸し借りが有効であるということです。
つまり、「みなし弁済」の成立=過払金が発生しないということなのです。

利息制限法超過利率での貸付が無効であること(「みなし弁済」は成立の余地がない)ことは最高裁判所判決で決着済みなので、何を言っているんだというのが正直な感想なのですが、過払請求には徹底的に争う姿勢へと方針転換したら・・・。
今年も骨が折れる事件が続きそうです。

無料相談