私にご相談ください

司法書士:高田尚紀

司法書士:高田尚紀

プロフィール

出張相談可能な地域

出張相談も受け付けております。
即時出張対応が可能な地域は以下のとおりです。

~ 大阪府 ~

枚方市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・門真市・守口市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町・東大阪市・八尾市・堺市・高石市・松原市・柏原市・富田林市・河内長野市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・大阪市内全域

~ 京都府 ~

八幡市・京田辺市・宇治市・精華町・久御山町・木津川町・大山崎町・長岡京市・向日市・京都市内全域

~ 奈良県 ~

奈良市・生駒市

その理由はおかしいだろ!!

某貸金業者のお話です。「某~」と書きましたが、このコーナーでもお馴染の会社です。

相変わらず、この会社の過払の対応は芳しくなく、一審及び控訴審判決を待つだけという状態がここ数カ月続いているのですが、某会社の担当者を名乗る者から私宛に電話が入りました。
話の内容は、裁判になっている事件全部について減額願いです。提示額が請求額の半分程度。
全ての事件が判決を待つだけですし、条件も悪いことから、判決が出たらその内容に沿って払ってくださいと私が伝えたところ、「近々、社債の償還が控えており、社債の返還原資が足りないので減額して欲しい。」と呆れた返事が返ってきました。

社債権者も過払請求権者も同じ債権者です。
社債権者に全額返済したいので、過払請求権者には払えないというのは会社の都合でしかありません。
その旨を私が伝えたところ、「当社もどうなるかわかりませんし、さっさと和解した方がお得ですよ。」と、何が得なのか解らない返事が・・・。

この理由も変です。社債の返還資金が足りないと言いながら、強制執行停止のために請求額の7~8割を国に供託しているのですから、最低でも供託額を支払うというのが筋というものです。
それ以前に、供託金は払えるのだから、金がないという理屈は成立しません。

挙句の果てには、「依頼者のメリットを優先するべきでしょう。」なんて、ただのお節介でしかない発言がありました。
某社の皆さん。ご心配いただかなくとも、あなたたちに対する過払請求については、依頼者にメリット・デメリット全てを説明し、私は裁判に臨んでおりますから、今後はこのような心配は御無用です。

以下は完全な私見ですが、確かに、この会社は来月に多額の社債の償還が控えております。しかし、来月の償還で全ての社債償還が終了となる訳ではなく、数年後にも多額の償還が控えており、それが最終の社債償還です。(某社HPより)ですから、今回の社債償還に苦労しているのは事実なのでしょうが、本当の山場は最終の社債償還なのでは?と勝手に勘ぐっております。

右に転ぶか左に転ぶかは解りませんが、確実に言えることは、根拠もないのに安易な和解はしないということだけです。

無料相談