私にご相談ください

司法書士:高田尚紀

司法書士:高田尚紀

プロフィール

出張相談可能な地域

出張相談も受け付けております。
即時出張対応が可能な地域は以下のとおりです。

~ 大阪府 ~

枚方市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・門真市・守口市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町・東大阪市・八尾市・堺市・高石市・松原市・柏原市・富田林市・河内長野市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・大阪市内全域

~ 京都府 ~

八幡市・京田辺市・宇治市・精華町・久御山町・木津川町・大山崎町・長岡京市・向日市・京都市内全域

~ 奈良県 ~

奈良市・生駒市

『アイフルからの通知』のその後

またまたアイフルの話題です。今回で何回目でしょうか・・・。
まぁ、これだけ話題になるということは、過払の対応が芳しくないことを意味しますが、本当に手段を選ばなくなったというのが、率直な感想です。

以前に「アイフルからの通知」でご紹介しましたが、アイフルは司法書士に対し、過払金が140万円を超過している事件や、控訴審に移行した事件については、司法書士を介さず、依頼者と直接交渉するとの会社方針を立てました。

過払金が140万円を超過している事件については司法書士に交渉権はありません。
控訴審に移行した事件については、元々の請求額が140万円以下なので、仮に控訴審に移行したとしても、裁判外での交渉が可能であるとの見解もあるようですが、余計な事をして依頼者に迷惑をかけてはいけませんので、私自身はアイフルの方針には異議を申し立てることはありませんでした。

で、控訴審の弁論が終結し、判決を待つだけの対アイフルの過払事件があったのですが、早速、アイフルは依頼者へ直接交渉した模様。
交渉といっても、過払の減額願いだけです。
依頼者にはアイフルから連絡が入る可能性があることや、最終的にはご自身の判断にお任せすると伝えておりましたが、依頼者もアイフルからの提示額(元金の数割)には笑うしかなかったとのこと。
1審は完勝でしたし、裁判官の様子から、控訴審で判決がひっくり返る可能性が低い以上、元金の数割を払うといっても納得する訳がありません。
アイフルはこの提示額で依頼者が納得すると本気で思っているのでしょうか?本気だとしたら恐ろしいことです。

前期は黒字決算というものの、会社の財務状況が改善されたような気配は全くありません。
武富士の件もあったことから、対アイフルの過払事件には慎重な判断が求められます。今後も不毛な争いは続くと思われます。
しかし、安易な妥協だけは絶対にしないつもりです。

無料相談