私にご相談ください

司法書士:高田尚紀

司法書士:高田尚紀

プロフィール

出張相談可能な地域

出張相談も受け付けております。
即時出張対応が可能な地域は以下のとおりです。

~ 大阪府 ~

枚方市・寝屋川市・交野市・四条畷市・大東市・門真市・守口市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町・東大阪市・八尾市・堺市・高石市・松原市・柏原市・富田林市・河内長野市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・大阪市内全域

~ 京都府 ~

八幡市・京田辺市・宇治市・精華町・久御山町・木津川町・大山崎町・長岡京市・向日市・京都市内全域

~ 奈良県 ~

奈良市・生駒市

裁判制度の悪用?

最近は裁判ネタが続いておりますが、本日も裁判ネタです。

各社とも過払の対応が悪化していることは今更ながらなのですが、アイフル以外の大手貸金業者は、こちらが判決をチラつかせれば、希望額を割と早めに返還してきます。
しかしながら、各会社ともかなり追い込まれているのは間違いなく、最近では弁護士を訴訟代理人として選任してくるケースも目立ちます。

過払訴訟における代表的な争点は数少なく、その争点も最高裁判所判決で解決済みですので、、弁護士が代裁判に出廷してきたとしても何の問題も無く、粛々と裁判を続けるだけなのですが、とある貸金業者の代理人として出廷してきた弁護士。なぜか、こちらの主張を殆ど認めているのです。
反論しているのは過払金の計算方法のみですが、その差は1万円程でしかなく、大した問題ではありません。
「アンタ、何しに来たの?」と突っ込みたくなったのですが、どうやら、貸金業者からの指令はただの時間稼ぎだけだったようです。

交渉に入ったのですが、こちらの主張に反論しているにもかかわらず、こちらの計算方法を認めたうえで、支払日を猶予して欲しいとのこと。
「○月までの利息は付けるので、返済日を猶予してください。」との申し出を私が却下すると、「ならば控訴します!」と弁護士。
こんなやり取りは返事のしようがありません。「なら、どうぞ。」としか言えません。

アイフルのように、無理矢理にでも争点を作り出して争ってくるなら解るのですが、この会社はそんなことすらしてこないのです。
呆れるしかありません。

確かに、判決に不服があるなら控訴できるのですが、アイフルを始め、時間稼ぎのためだけに控訴して解決を先送りさせるのは、制度の悪用です。
裁判所も安易に控訴を認めるのではなく、明らかな控訴権の濫用には、厳しい態度で臨んでほしいものです。

無料相談